親しい人たちだけで、形式にとらわれず



親しい人たちだけで、形式にとらわれず

葬儀の形式を決める時に良く聞く言葉です。
いわゆる家族葬にしたいという意向が強いのだなと感じます。
なにより親しい人達のみで、ゆっくりと気を使わずにお別れができるという大きなメリットがあります。

ただ、ご遺族や故人が家族葬を希望しているのであれば、葬儀社はその希望に沿って努力しますが、
交友関係が広い方の場合はしっかりと会葬をお断りする訃報を流すなどの対策が必要になってきます。
広まってしまってからでは手遅れです。最初に葬儀担当者に伝えましょう。
訃報は葬儀社が雛形を持っていますので、すぐに対応できます。
また、家族葬のような小規模葬にすれば安く済むと思われがちですが、葬儀に来る人数が少ない為、
お香典が通常の葬儀よりも少なくなることを念頭に入れておいて下さい。

形式に関しても、火葬だけをする直葬、通夜を省略した1日葬、
宗教色を一切なくした無宗教葬など様々な形式が増えています。
なんとなく聞いたことがあるという人も多いと思います。

様々な葬儀形式が増えていくことは良いと思いますが、本来は存在しなかったものですので
菩提寺がある方は要注意です。家族葬に関しては、従来の葬儀の規模を小さくしただけなので
特に問題になることはありませんが、直葬や1日葬は認めないというお寺もあります。
無宗教葬に関しては菩提寺がある場合は不可能と言ってもいいでしょう。
必ず、「こういった理由で〇〇葬で行いたいのですが・・・」とお伺いを立てましょう。

デメリットが多いと感じられると思いますが、これらは葬儀前に解決できることばかりです。
葬儀担当者としっかり打ち合わせをし、各方面に「故人の遺志により家族葬にさせていただきます」と
訃報をお伝えしましょう。
そうすれば、一般のご会葬は抑えられ、親しい人達でゆくっりとしたお別れの時間を過ごせます。