互助会に入っていますが・・・

これは多くの方が理解していないことが多い質問です。
大体の場合、親が互助会に入っている為、
残された側は内容を理解していなかったということからです。

互助会とは

まず簡単に互助会の説明から、
互助会は、葬儀だけでなく結婚式にも活用でき、正式名称を「冠婚葬祭互助会」といいます。
「突然の出費に備え毎月掛け金を支払う」という点では保険や共済と似ていますが、保険や共済が「保険金」を支給するのに対し、
互助会は「冠婚葬祭サービス」を提供します。
互助会の会員になると、毎月毎月一定金額(1~5千円が中心)の掛け金を、互助会に積立ます。
葬儀や結婚式の際には、互助会の提供する葬儀や結婚式のサービスを、会員割引価格で利用することになります。
もちろん、それまで積立てきたお金はその支払いに利用でき、積立で足りない分は追加で支払いをします。

互助会のメリット・デメリット

設備の整った豪華なホールをお得に利用することができます。互助会の斎場を利用したいという意向があるのであればおすすめします。
ただ、安心を買うという事ばかりに気をとられて入会してしまうのは危険です。
実際に葬儀をあげる時のことをイメージした上で見積りを取り、掛け金とのバランスを考慮しましょう。
一方で互助会に入会していると、サービスに偏りが出てきてしまうことが多いです。
互助会の斎場・提携斎場しか使えないことが多くあり、
体の不自由な方、遠方の親戚や友人などのアクセス面を考慮に入れることができないなどの問題点もあります。
最近は近隣の民間斎場を利用することもできるようになってきているのですが、
この場合は互助会の斎場費など会員価格が適用されて安くなっていた部分がすべて意味の無いものになることもあります。
また、互助会の広告などで掛け金ですべて賄えると思ってしまう人も多いです。
互助会の掛け金完納額はほとんどのプランで15~50万円程度であり、葬祭費総額の数割しか賄えません。
よって、「互助会に入っていれば葬儀費用はこれだけでOK」にはならないという事です。